手続きのご案内

欠格要件の確認


古物商は欠格要件に該当すると許可されません。
法人の場合は役員に1名でも欠格要件該当者がいると不許可となります。
デリケートな内容ですが、事前にしっかりご確認下さい。

1.成年被後見人、被保佐人又は破産者で復権を得ないもの。
(従来は禁治産者、準禁治産者と呼ばれていたもの)
2.禁錮以上の刑、又は特定の犯罪により罰金の刑に処せられ、5年を経過しない者
3.住居の定まらない者
4.古物営業の許可を取り消されてから、5年を経過しない者
5.営業に関して成年者と同一の能力を有しない未成年者

必要な情報の確認


●管轄警察の確認
●申請者の遡って5年間の略歴。(5年間の履歴書のようなものを作成します)
法人である場合は役員全員の略歴。
●営業場所が賃貸等である場合は、契約書の写し。
申請者・管理者(同一人でもそれぞれ必要)
法人である場合役員全員に誓約書に署名押印が必要です。
●法人は登記簿謄本に押印が必要です。

●必要な証明書(サポートプランは当事務所で取得します)
本籍の記載された住民票
身分証明書
登記されていないことの証明書

管轄警察によっては法定書類以外にも提出を要求される書類等もあります。
富士警察管轄は証明写真の提出が要求されています。


申請手数料19,000円(不許可でも返戻されません)

※サポートプランの場合、警察への申請は当事務所にて代行しますが、警察によっては交付時に注意事項の説明のため、申請者の出頭が求められる場合があります。


許可に必要な期間

必要書類が整い、警察の窓口に提出してから約40日かかります。
許可が必要な事業を予定されている方はお早めにご準備ください。


お問い合わせ


お問い合わせはこちらから

お急ぎの方はお電話で・・・・
090-8471-1216

メニュー

リンク

古物商取得センター

行政書士つちや法務事務所
417-0862
静岡県富士市石坂349-14
 TEL:090-8471-1216
 FAX:020-4668-3432
 TEL/FAX:0545-21-8658
 




大きな地図で見る
ページのトップへ戻る

inserted by FC2 system